レザー以外にも様々?バイクグローブ選びのチェックポイント

メンズ

買い物をする際にはネット通販か実店舗での購入か、様々な方法があります。レザーのバイクグローブを購入する際にもどちらかの方法をとれるので、それぞれの良さを確認してみましょう。

クチコミ

出来れば実際に手に取った方が良いです。

自分がバイクに乗車する前には、必ず季節に合わせてバイクグローブを選ぶようにしており、速乾性や通気性の違いを基準に着用するものを選んでいます。手に汗をかきやすい体質をしているために、バイクグローブの選び方を間違えてしまうと、冬場のバイクツーリングの最中にも手が汗だらけになってしまうためです。バイクグローブを購入する際にも、実際にショップまで足を運んで、生地の質感をチェックしておかなければ安心して購入する事ができませんでした。レザーの生地を選ぶ際には、実際に自分の手で生地に触れておく事によって、熱がこもりにくい製品か確かめています。同じレザーの生地であったとしても、熱がこもりやすい場合もありますから、やはり自分の手で商品の質感を直接確かめるのが一番良いと思えました。
(50代 男性 運搬)

ネットとか使って、値段比較した方が良いでしょうね。

自分は2年に1回ほどのペースで、バイク用のレーシングスーツなどを買い換えるようにしており、インターネットで価格比較をしながら商品を探しています。レーシングスーツなどの大きな商品だけでなく、バイクグローブなどもショップによって価格は大きく違うので、徹底的に価格をしておく事が重要です。レザー生地のバイクグローブなどは、特に店舗によって値段が違いやすいために、一見すると安く思えるからといって簡単に商品を購入する事はありません。自分がレザー生地のバイクグローブを選ぶ際には、生地の厚みの違いも重視しており、厚みのある生地の方がハンドルが握りやすいと感じているためです。インターネットで情報を調べていると、生地に厚みのあるバイクグローブであっても、かなり価格の安い商品を見つけられるところが助かります。
(20代 男性 フリーター)